車交通社会の環境

認識することが希薄であるように考えられます。一方、ヨーロッパの国々やアメリカにおいては、長い歴史の中で民衆が立ち上がって革命を何l度も起こし、自分たちの力で自分たちの民主主義を勝ち得てきたという経験を積んでいます。法律でも規則でも、今ここで考えている交通ル ルに対しても、自分たちを守るために自分たちが造ったものとしてこれらを捕えることが出来るのでしょう。そのため、欧米の人々の交通ル ルに対する考え方が日本人とは異なっているように思います。私たちは、ただ単に欧米のまねをする必要はありませんが、もし、これらル ルに対して誤った考えを持っているのであれば、考え方を直してほしいものです。突通ルールの成り立ち車交通社会の本質は、弱肉強食と言われます。馬力の強いもの、重量も大きさも巨大なものに対しては、小さなもの、虚弱なものは負けてしまうことは必定です。今日のわが国の車交通社会の環境は、大型ダンプが走っている脇を原付きバイクが走り、乗用車がひっきりなく行き交う中を自転車や人も通るという複雑きわまりないし、苛酷なまでの極限状態に陥っている状況と言っても決して過言ではないはずです。このような車交通社会の中に合って、人も車もお互いが安全でしかも円滑に維持しようとするならば、すべての人々が「交通ル lル」を遵守することが絶対に必要なのです。自分の命や財産を守ると同時に、周囲の人たちに迷惑をかけずに、限られた同じ道路をお互いが利用するために最も公平なル ルを示したものが「道路交通法」なのです。

参考:中古車を高く売るコツ

日本人と欧米諸国

これに対して、日本より早くモ タリゼ ションを迎えたアメリカやヨーロッパ、すなわち自動車交通に関しては先進国である人々の考え方はまったく異なっています。彼らの交通ル ルにl対する一般的な考え方は「交通ル ルは、自分を、そして自分の家族を守るためにある」とし、l「交通ル ルは、限られた道路をお互いがスムーズに、効率良く走るために絶対に必要なル ルである」と理解していると言われています。l同じ問題に対して、私たち日本人と欧米諸国の人々との考え方に、なぜこのような違いが生まれたのでしょうか。結論を先に言えば、憲法、法律、規則、取り決めなど、ルールに対する国民の認識と受けとめ方が、まったく異なっているからだろうと考えられます。かつて、日本人は農耕民族として生きてきました。どの時代においても極めて少数の支配者やl権力者たちによって統治・管理されてきたという専制政治がおこなわれていたという長い歴史があります。ル ルというか取り決めといわれるものは、常に上部の支配者が一方的に押しつけてくるもので、自分たちの意志で作り上げるものではなかったのです。民衆が自らの考えで作り上げてきたのが、作物の収穫を増やすための、いわば生きていくために見つけだした風土に合った習慣とかしきたりなどであったと考えられます。このような歴史があったために、私たち日本人は、今日のこの民主主義社会の中にあっても、自分たちが選んだ政府や国会が決めた規則とかルールに対して、どうしても与えられたもの、自分たちで作り上げたもの。

出典:

本格的なドライブ

「自分の運転技術」「その国の言葉」「お金」等の答えが返ってきそうですね。翻訳本を片手に片言の外国語を使うことも必要になりますので、言葉を重要視することも必要でしょう。そしてまた、。お金があればなんとかなるさ。という気持ちも充分に理解できます。いずれの答えも間違いではないと思いますが、外国で本格的なドライブをした経験のlあるドライバーでしたら、真っ先に挙げるのは「その国の交通ル 1ル」です。そして次に挙げるのが「道路マップ」と「道路標識やル ト標識」なのです。説明するまでもなく、その国のフイールドに立ったならば、その国のル ルを知らなくては何もできないし、何も始まらないと言うことなのです。lしかし、この交通ル!ルに対しての考え方もいろいろあるようで、わたしたち日本人の多くは、「交通ル ルは交通の基本」と言つてはいるもののこれはあくまで建て前で、本音は「自動車運転ll免許試験合格のための知識」「警察官が交通取り締まりをするためのガイドブック」ぐらいに考えllているようです。中には、「交通ル ルを守っていたらスムーズに走れない」「交通ル ルを守っ lたために事故に遭いそうになった」など、信じられないことを言い出す人もいるようです。また、何を目的として交通ル ルがあるのかを聞いてみると、「交通安全のためにある」「事故防止のためにある」「交通警察官のためにある」「交通違反者を取り締まるためにある」などとの答えが多いように思われます。

出典:

シートベルトの非着用

正面衝突のように衝突軸を真正面にするより、衝突軸を運転者から少しでも遠くにずらすことが衝撃力を小さく出来るということを知っていて、対向車に対して自分の車の角度をわずかにでも変化させることが出来るならば、死亡を免れる可能性が高いと言われています。衝突に対する力学的知識があれば、助かることさえあるのです。シートベルトの非着用で死亡するケ スも、同じことが言えるのです。人聞が腕で支えることの出来る衝撃力は、せいぜい時速一 0キロメートル以下です。一0キロ以上の速度になれば、いかなる人でlもダッシュポ ドやウインドーに叩きつけられてしまいます。このことは、すべての運転免許所l有者があらゆる機会に教育されていて、知らなかったと言う人は一人もいないはずです。それでも、シ トベルトの非着用で死亡している人が後を絶たないと言うことは、何を意味しているのでしょうか。知識とは、それを活用し、役立てることが出来て初めて「知識」と呼べるのです。使える知識を持ちたいものです。受通ルールはなぜ必要か近年、日本は官民挙げて世界中の国々との交流を積極的におこなうようになり、すでに私たちの日常生活の中で数多くの外国人が共に暮らすという、国際化された世の中になりました。また、私たちは、ビジネスで外国へ出張することや、家族旅行として海外のリゾート地に出かけることは、特に珍しいことでもなく日常茶飯事になりました。外国で車の運転をする機会が増えつつありますが、もしもあなたが外国で運転をするとして、最も必要となるものは何でしょう。

出典:

マシンコントロールが上手

例えば、ある運転者が、ある程度の交通ル ルを理解し、車の構造知識および体験的知識を持ち、苛酷な運転にも耐えうる強靭な肉体を持ち、マシンコントロールが上手であったとしても、人間の命の大切さ、自分の運転に対する責任感という「良識」、すなわち人間としての本質的資質に欠けているならば、彼がいついかなるときに危険な運転者に変身する可能性を持った危険な運転者と言わざるを得ませんし、決して名ドライバーにはなれません。これに対して、たとえ肉体的に虚弱であったり、ハンディキャップを持った運転者であっても、一般の通常運転に支障のない運転操作が出来、交通ル ルを知っていて、自分の能力に合った範囲内で運転を心がけることが出来る良識と忍耐力の持ち主であるとすれば、名ドライバーへ近づくことは極めて容易であると言えるのです。すなわち、最も大切なことは、自分の技量をよく知ったうえで、自分の能力の範囲内でバランスを保ちながら、それぞれの状況に最も適した運転をすることです。その上、より完全な運転をするために日々の努力を惜しまない運転者こそ、本当の意味での名ドライバーと言えるのです。 ll「自分は運転がうまいのだ」「運転に関する知識は、カ 雑誌などを読んでいるから充分だ」と思っている運転者が多いようです。しかし、本当にそうでしょうか。もし仮に、正面衝突が避けられない極限の状態に自分が立たされたとしたら、運転者は自分を守るためには対向車に対してどのようにすれば良いと思いますか。

参考: